塾長日記

現職予備校講師

さきほど予備校から帰ってきました。

月曜日は立ちぱっなしの講義でぎっくり腰になりそうになりました。

伊藤琢哉がなんでも思いついたことを英語で言うところが生徒から絶大な人気を博し、大変気に入られているようです。

このまま現職予備校講師を他予備校でも勤めるめることで教える技術をますます磨き、研鑽をどんどん積んでいく所存です。

皆さまITO ACADEMYは飛躍します。

今後ますますのごひいきを承りますようよろしくお願いいたします。

 

昔の私・今の私

江南市にあった大志塾AXIS予備校(のちの名古屋DDP予備校)で代表からは大変お世話になった。20代前半にもかかわらず、大手予備校顔負けの最高給の待遇で私をもてなしてくれた。車で通っていた関係もあり夜中遅くまで教育関係の話をした。生徒も遅くまで残っていた。携帯もない時代。古き良き時代であった。このころの生徒は今の生徒よりもよく笑った。給与もさることながら、私はこの予備校で人気NO1講師であった。他を圧倒的に凌駕していた。最もこのころ早稲田予備校講師も兼ねていた。

後に名古屋予備校【のちのメディカルラボ】に行くが、立ち見も出るほど人気を博すことになる。ここの代表には結婚式にも出ていただき、今でも非常に感謝しております。今、プロの漫画家になったA君などは 講義が終わると【アンコール・アンコール】といって教室中を小走りで回ってくれた。古き良き時代であった。ほぼ全員が私の講義を録音していた。

河合では国家試験対策を教えていた。

中津川予備校・さくらYELL予備校などでは名古屋予備校講師時代同様単科ゼミを持たせてもらい、生徒を笑わせることと点を取らせることにたけていると評価され僻地手当もつけてもらえるし純朴な生徒に教えたいという理由で講師を務める。

まだ多数予備校講師を務める。

新幹線通勤も経験させてもらっている。

今は塾をやらせてもらいながら複数の予備校講師を務めさせていただいている。

皆さま今後も【ITO ACADEMY】をよろしくお願いいたします。

 

 

電話で先ほど塾生から質問がありました

今日は朝8時から夜9時過ぎまで講義でした。

先ほどnotの品詞は何かと電話で聞かれました。

【副詞だよ】と答えておきました。

【詳しくは塾に来られてから】と答えておきました。

ITO ACADEMYは年中無休で早いリスポンスをします。

理由は簡単、

塾長の伊藤琢哉がせっかちだからなだけです。

医学部生救済サービス

ITO ACADEMYは医学部生が再試になり特再になった時の救済措置も行っている。

例えば藤田保健衛生大では2年生の【人体と薬物】は極めて平均点が低かったのであるが、塾生以外の方も救済する様、当校の講師が動いている。

【人体と生理】はA問題;単語などを記憶するだけの穴埋め問題が8割取れていないとB問題は採点せずとなる。

B問題は考える問題なのでA問題の対策は自己責任でとなると落としてしまう学生も多いのは事実なのである。

講師に労力と時間とそれなりの対価を払う必要性が出てくる。

いずれにしてもITO ACADEMYでもリメディアル教育の講師は不足してきており、今月中に若干名しか募集できないことをお許しくださいませ。

 

塾生が1位になりました

塾生が某大学の模試でトップになりました。ご自分でも1日最低でも休みを入れず10時間はぶっ続けでお勉強される方ですから講師の講義がよくわかります。できない際も人のせいにすることが微塵たりともない。自己責任の原則が体の芯まで根付いていらっしゃる方なので、1番が取れたのでしょう。

お問い合わせ欄のお問い合わせについて

HPのトップページからお問い合わせ欄に進んでいただきますと伊藤琢哉の写真がにらんでいて怖いと家族から言われてしまいました。

興味のある方は一度ご覧くださいませ。

興味のない方がほとんどでしょうが( ^ω^)・・・

怖いもの見たさで是非どうぞ!!!!!!!!!!!!

無料延長する日本唯一の塾

徹底した子別指導で差をつける!

日本で長時間無料延長しても生徒が塾に指導を受けに来た時より疲れず疲れがむしろ取れ元気になっている塾なんてITO  ACADEMY以外にあったらお教えくださいませ。

お待ちいたしております。

実質学生講師が小学生を90分指導させていただいたレッスン料でプロ講師の指導が受けられるなんて。

うーん怪しいですか?

昨日、事故に遭いました

9月27日の昼休み食事に車で出かけたら、車を停止中に2回ぶつけられました。

その日は午前中講義で 午後2時30分から家族に塾のカギを開けてもらって他の講師が講義をし何とか10時30分まで塾を開くことができました。

マーいいじゃないですか。

新車で購入した高級外車であってもそんなの無関係。

過失割合は10;0とか。それもどうでもよい。

許すも許さないも無関係。【上から目線は大嫌い】

ただただ淡々と事務的な処理を保険会社と警察の方と済ませ、病院に行って診断がくだったというだけ。

薬を張ったりシップを張ったり塗薬をぬったりしても結構痛いというだけ。

薬はもちろん痛み止め以外にも筋弛緩剤も飲んでいる。

以前東京海上日動火災保険株式会社にいたので事故は日常茶飯事。

講義と同じ。

痛めながらも今日も午前中から6時30分まで難なく講義ができました。

別にこれも騒ぎ立てるほどのことは全くない。

唯々、毎日私の講義に耳をそばだててくれる生徒がいる限り1回講義で無料延長3時間なども淡々とこなす。

そうだ俺はロボットのようになってきた。

でも楽しさと痛みがわかるロボットだ。

 

 

 

 

 

 

 

1 / 20812345...102030...最後 »

▲TOPへ