塾長日記

出来事はすべて意味がある(強い自分の育成法をお教えします)

不運なことがあったとしよう。

伊藤琢哉はこういう時に、以下のように考える。

確かに望んだことではなくても何か意味があってこの出来事があったのだと

この出来事は自分に何を教えようとしているのかと。

一言で言ってしまえば解釈力は大切だ。

例えば受験で不合格になったときにリスクマネジメントを学んでいれば立ち直りも早い。

伊藤琢哉のマンツーマンレッスンでは敗北からでもすかさず立ち直りむしろそこから学べる自分を作っていく手法をお教えしている。

だから受験で全部失敗してもおかしな話、大丈夫なのである。

 

私利私欲を捨て利他の精神で??!無理無理!!!

伊藤琢哉は自分の心の中の小さなエゴとは一生付き合うしかないと観念いたしました。

 

捨て身になってやるなんて言っている奴は思い込んでいるだけで危ない奴だからかかわらないようにしている。

あるところで押さえつけたエゴは必ずまた別のところで鎌首をもたげる。

伊藤琢哉の心の中は残念ながら講義以外の時間は【蛇蝎の如くなり】なのです。

仮にエゴが襲ってきたときは伊藤琢哉は

ただ静かに自分を自分から離れた【近距離】距離で【静かに】見つめるようにしております。【静寂】(思考停止、エポケーもします)

 

話は変わりますが人からどう言われてもよいという人がいますが私もそうです。

しかしこれだけは絶対誰にも言われないようにしている言葉がある。

それは【伊藤琢哉は自分が見えていない】と。

 

成熟せし大人であるために伊藤琢哉は

激高した時もすぐに【ああいやいやすいません、私も感情的になりました】これが言えるようにしている。

変人

変人は2種類に分けられる。

私が尊敬する多くのお笑い芸人のように、目立てばどんな恥ずかしいことでも辞さずに進んでやられるというタイプ。

次に

物事を徹底的に突き詰めて専門バカになるタイプ。

予備校講師も塾経営者も最近はほとんどが前者の商人的気質を備えた方々だ。

そしてそういうタイプの方々が商才があるので予備校講師としても、塾経営者としても成功している。(まじ

私は生徒から言わせると後者のタイプなので、【いい意味でど変態】だそうだ。

いい意味でも悪い意味でも【ど変態】とは面白いことを言うなーと思った。(私は真面目過ぎるらしい)

 

 

 

どうしてもこの職業に若くして就きたかった

伊藤琢哉は学生のころから毎日のように塾でバイトをしていた。

でも本当になりたい予備校講師は学生ではなれない。

話は変わるが人前でしゃべるという部分が似ている職業を探し結果、私は大卒後アナウンサー試験を受け最終審査でどの局も落ちるという経験をしてきた。

よって仕方がないから損保に就職する。

そして3年で辞める。(想定内)

その後、早稲田ともう一つの予備校で教え始めるが面接で修業のために最初は1時間につき10000円払いますのでどんなお金が損してもよいので学ばせてほしいと本気で言ってしまった。

結局、そこそこの報酬をもらいながら教科指導に特化した希望通りの人気商売で人気を博すことになる。

毎時間、教卓には手紙とお菓子の山であった。

話は変わるがこのころ同時に塾経営も行っていた。

こちらはまさに私が希望するボランタリー経済の世界だ。

資金を身銭をはたいて教えさせてもらう。

1時間伊藤琢哉が相当支払うことで指導という形が成り立っている世界だった。

楽しかったー。

ここで学んだものは、評判資本、共感資本、文化資本、知識資本、信頼資本、関係資本が大切だということだった。

例を挙げるなら小さな英語塾に数学の先生をお招きするなど関係資本が必要とされた。

なぜ私は貨幣経済(お金儲けがないと動かない世界)に関心がなかったのだろうか。

多分【志】と【使命感】がぶれなかったからではなかろうか。

先ほど書きましたが、小さな一人の人間が世のためだけを考え教え始めた時、気づくといろいろな方々が知識を貸してくれていた。

つまりスタッフが自然とついていたのです。

共感資本ですよね。

さて皆さんマモニストでない頼りない私ですが、なにとぞよろしくお願いいたします。

 

ITO ACADEMY 塾長 伊藤琢哉

 

 

 

 

ソーシャルディスタンス

ITO ACADEMYではたとえるならば田原総一郎氏の【朝まで生テレビ】のような徹底的に物事を掘り下げていく対話型指導方式を取り入れています。

ソクラテスの産婆術方式のような形態と考えてください。

 

ソーシャルディスタンスを取ったうえでの【知と知のぶつかりげいこ】をしております。

 

具体的に申し上げますと学校で習ったことを【学校のあの先生こんな説明しかしなかった。】とか【伊藤先生これは義憤ですから気にしないでくださいね】とか生徒が講義で言う場面が多く出てきます。

このような形のプライベートレッスンが永遠に続いて無料延長へ行かざるを得ないという形になっております。

 

もちろんこういうご時世ですからスカイプやズームでのレッスンの需要もあります。

 

では失礼させていただきます。

 

ITO ACADEMY 塾長 伊藤琢哉

 

おまけ

 

自己責任

入試が近くなると同時に今年も終わりに近づいてきた。

毎年受験をする子に言う言葉。

入試から何を学ぶかを聞かれたときにそれに答える言葉。

それは【自己責任】という言葉である。

受かった子にはこのように言う。

【我がなす技ではない】と。

伊藤琢哉は恥ずかしげもなく合格実績を載せるのは好まない。

 

笑いが一番

今日の講義も根本から生徒は分かってくれたようです。

学校ではあやふやなところもITOACADEMYへ来ると分かるようです。

 

伊藤琢哉は生徒とは討論型授業で笑いが絶えません。

ITO ACADEMY では今日も笑いが絶えませんでした。

 

親御さんに聞いたらほとんどの塾生が’伊藤琢哉 のことを神’と呼んでいるそうです。

 

勘弁してください。

 

ITO ACADEMY 塾頭 伊藤琢哉

おまけ

 

 

ナイナイ伊藤琢哉

伊藤琢哉は【ないないずくし】である。

頭が良くない

器用でない【YOU TUBE の出来栄えを見れば一目瞭然】

受からない【高校入試に失敗している】

異性からももてない

健康でない【持病の個数は多すぎ】

儲からない【生活が成り立たない】

事務処理はできない

 

 

ではあるのは何か【伊藤琢哉にあるものは何か】

 

【特定の生徒からの熱狂的支持】それのみである。

 

 

 

 

 

almost の位置が入試の本文内容一致問題で出ていました

九州のとある大学2017年度の入試問題。

本文がalmost 7oooooo people visited it.

選択肢が7000000 people almost visited the British Museum in 2015.

明らかにalmostの位置が違いますよね。

7000000人の人たちがもう少しのところでと訳すか、7000000人近い人たちがーと訳すか。

細かい部分は伊藤琢哉の経営するITO ACADEMYに聞きにいらしてくださいませ。

ITO ACADEMY 塾長 伊藤琢哉

 

おまけ

1 / 22712345...102030...最後 »

▲TOPへ