塾長日記

ITO ACADMY の生徒

私は生徒の人間性礼賛、人間再発見ということを強調して教えてきた。

生徒全員が立派な道徳家になれた。

言葉の賭博師、言葉の詐欺師になる可能性もあったのになる人はいなかった。

およそ今後もなる人はいないだろう。

合格寸前

正しすぎるとうそになる話→【教科書だけで大丈夫】

その意味が講義でわかれば合格寸前。

 

二者の存在時にすべきこと

二者が存在するときは両者の視点に立って考えないといけないと思う。

例えばフロンティアの西〇はイディアンの涙の旅路でもあった。

両者の視点に立って考えることが真の勉強である。

お問い合わせ欄から〇に入る言葉をお送りください。

料金を斟酌させていただきます。   塾長 伊藤琢哉

現在教室指導はしておりません(教室指導募集中)

スカイプ・ズームで今は指導しております。

半年ほどそうです。

医学部の学生さんで留年しそうな人を中心に指導しております。

医師国家試験も指導しております。

講師の方には万単位の時給を払っています。

何もかもが普通と違う塾です。

不登校の方の指導も好評を得ております。

心の故郷がない人が増えてきた

最近、心のデラシネ、根無し草(フランス語)・心のハイマートロス(ドイツ語)、故郷喪失者が増えてきた。

例えば島崎藤村は故郷逃亡者でもあったと思う。

失敗・非常のとき

どこの塾・学校へ行っても成績が上がらないという非常のときは非常の人=伊藤琢哉が必要です。

尚、失敗するってことは【試した】ということであって、【試した】ことはむしろ利益を上げているのと同じくらいに大切なことだ。

自己決定権

日本は自己決定権を妨げる場面にばかり追いやられる。

 

例えば自分はこれこれを必要(重視)するから極貧生活に追いやられるとか。

 

自己決定;(やりたいことがあるから働けない)⇒自己決定をやめ働きたくないところで働く

 

例えば突如として自己決定権をはく奪され共通テストの英語を解かされる。

(精読ばかりやらされてきたので超高速読み/解きができない。でもここで徹底的に駄目になるしかNEXT STAGE にいけない。そう長文読解テクニックをやってみたり(徐々に変えていってみたり)、塾を変えたり、勉強の仕方を変えたり劇的な変貌を遂げねばならない。)

代替

オールターナティブを強制的に経験させられて、これもありだなっていうのを実感したのはかなり良かったと思う。(例)在宅勤務もいいな等

 

1 / 27112345...102030...最後 »

▲TOPへ