続きをかかせていただきます

ITO ACADEMYで勉強が面白くなったというのはかなり広く見られる現象である。

小・中・高校は卒業証書をくれるところ、学科はITO ACADEMYでやるものだ。という常識が形成されつつある。

一体なぜこういう風になったのか?

第一の理由は、ITO ACADEMY では教師が生徒に対して権力者ではないからである。

第二の理由は、教育内容についての指導要領その他の体制的管理から(相対的に)自由だからである。

講師はそれぞれの考え方で講義をする。塾生はそれぞれの要求によって、ITO ACADEMYと 他塾、ITO ACADEMYの講師を選択する。

ITO ACADEMY はそれを一つの主要なメルクマール(指標)として、講師をアレンジする。

つまりここでは市場原理が働く。

自由競争がベストの結果を生むという自由主義は、今では色あせてきているが、一定の条件の下では、、それなりに有効に左右する。

公教育の硬直化した管理的性格とのコントラストの下では、特にそうである。

続きはココからです

 

私はITO ACADEMY での浪人生諸君との人間関係がかなり気に入っている。

 

なによりも、彼女らに【たまたま女子生徒ばかり入塾しております】単位を与えたり、処罰したりする権限を持たないのが良い。

彼女らが私の講義を聞いたり、質問しに来るのは英語をわかりたいという目的だけのものである。ITO ACADEMYで私の話を熱心に聞いた人で、彼女らの何人かはごく自然に、公教育ではなく、予備校や塾(ブラックでない塾)で英語を教えている人も何人もいるのである。

 彼女らはごく自然に、公教育ではなく、予備校、塾で教える方を選ぶ。ここの方が意味のある仕事ができると考えているらしい。
■■□―――――――――――――――――――□■■

超完全マンツーマンで授業を行う学習塾、予備校です。
時間制限が無い授業は生徒が理解できるまで徹底的に指導いたします。

ITO・ACADEMY
【住所】 愛知県名古屋市東区筒井2丁目4-52 3F
【TEL】 052-931-3987
【お問い合わせ方法】 電話またはメールフォームをご利用下さい。
【開講時間】 10:00~22:00

■■□―――――――――――――――――――□■■
« »

▲TOPへ